読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SAKE & Outdoors おいしいお酒とアウトドア

キャンプを中心にアウトドア情報と日々のおいしいお酒や料理。お酒と料理とアウトドアで日々日常に彩りを。

私の食癖

人間誰しも食には好みやこだわりがあって当たり前で、それ自体はいいのだけれどある一線を越えるとなかなか人様には理解して貰えなくなる。

私の理解ではそのなかなか理解をして貰えなくなった食へのこだわりが「食癖」と言われるゾーンで、例えば、好きな物をずっと食べ続けたり、通常ではあり得ない食の組み合わせが好きだったりが代表的なそれである。言い換えると「バランスを欠いた食へのこだわり」とでも言うのでしょうか。

ここで私の食癖ですが、小さいものから大きなものまであります。

小さいものはスナック菓子やせんべえ、あられの類はシケッた食感が大好きでよく袋を開けて1日以上寝かしたものを好んで食べます。あの濡れせんべえ的な食感がクセになると止められません。まぁ、こんなのはかわいい方でしょう。

もう一つ、大きい方ですが私は無類の『薬味ねぎ』が好きと言う事です。恐らく中学生の頃からおおよそどんな料理にでもねぎをまぶしたい衝動に駆られてました。ねぎが合わない料理にかけると親に怒られるので我慢してましたが、高校生になる頃にはねぎを薬味風に切り刻んで常備した「ねぎタッパー」が冷蔵庫に入ってました。カレー、味噌汁、刺身、焼き魚など何でもねぎをかけて食べてました。

大人になった今では外食でもねぎターボがかかってます。

f:id:KABATARO:20170423103727j:plainf:id:KABATARO:20170423103807j:plain

f:id:KABATARO:20170423103920j:plainf:id:KABATARO:20170423103943j:plain

f:id:KABATARO:20170423104045j:plain

丸亀製麺やラーメン魁力屋など「薬味ねぎ」を入れ放題の店に行くとねぎを一面にまぶして表面をねぎだらけにしたい衝動に駆られてます。店員さんの目を盗み、あわよくば「追いねぎ」(ねぎのおかわり)までしてしまいます。

おかげさまで冬になっても風邪を引く機会が少ない私は、嫁さんからねぎ効果だと言われてます。

恐らくこの食癖は一生治らないのでしょう。

www.kairikiya.co.jp

www.marugame-seimen.com

 

 

ビストロポップコーン (神奈川県川崎市高津区)

普段使い出来る街のビストロです。フレンチのお店ですがカジュアルな雰囲気が大好きです、もちろんドレスコードなんかありません。店内の雰囲気も昔ながらレトロな感じで落ち着きます。

出てくるメニューはどれも間違いなく美味しい料理ばかりでしかもお値段はリーズナブル。おそらく都内なんかでは2~3倍のお値段になるのではないかと思います。

我が家では、家族の誕生日や記念日なんかに利用させて貰ってます。週末なんかは同じくお子さんの誕生日会などで来ているお客さんも多いようで誕生日ケーキが運ばれるのをよく見かけます。予め予約しておけば名前入りのバースデーケーキなども準備してくれます。

f:id:KABATARO:20170422125022j:plainf:id:KABATARO:20170422125039j:plain

メニューはコース料理がメインで豊富に揃ってます。前菜は数種類から選べますが、写真は「カキフライ」と「生ハムとアボガドのサラダ」他にもたくさんの種類から前菜を選べます。

f:id:KABATARO:20170422125427j:plainf:id:KABATARO:20170422125448j:plain

 コースの本日のスープ。コースによってはオニオンスープが出てきました。

f:id:KABATARO:20170422125839j:plainf:id:KABATARO:20170422125900j:plain

f:id:KABATARO:20170422125922j:plain

「本日の煮込み料理コース」のメインはほほ肉の煮込み、「シーフードのニューバーグ風コース」のメインは白身魚ポワレとシーフードのニューバーグ風、そして「グルメコース」のメインの牛ヒレステーキ。

f:id:KABATARO:20170422130637j:plainf:id:KABATARO:20170422130653j:plain

そして、私の大のお気に入りが「ワインタイム」。赤か白のフルボトルワインが1,600円(スナック付き)で楽しめます。予め予約しておけば名前を書いた誕生日ケーキや誕生日プレートも用意して貰えてます。

そしてこのお店に行くなら土曜日がおすすめ。19時からアコーディオン奏者さんが生演奏を披露してくれてます。各テーブルを回ってリクエストに応えてくれたりバースデーソングを弾いてくれたりと楽しい時間が過ごせます。我が家はだいたい土曜日の夜に行くようにしてます。おすすめの名店です。

 

bellwoodfood.com

 

はなみち (神奈川県横浜市中区桜木町)

最近、あまりアウトドアの記事が無く飲み歩きのブログになってきた気がしますが、それはそれとして今回も飲み歩きの記事です。

今回は桜木町ぴおシティにある『はなみち』です。ぴおシティは立ち飲み屋が数件並んでる、それこそ呑兵衛にとっての聖地ではありますがその中でも『はなみち』が大のお気に入り。

立飲み屋さんには色んなお店がありますが、私は何かに特化した肴を提供してくれるお店に魅かれます。その意味で、『はなみち』は魚介料理に特化したお店、刺身、てんぷらなどで安価に飲ませてくれるお店です。このエリアで魚を食べたくなったらここに来ます。

f:id:KABATARO:20170422101328j:plainf:id:KABATARO:20170422101444j:plain

店構えはこんな感じですがすぐに人が一杯になり、外まで客で溢れます。そして私のお気に入りがこの日本酒サーバー。常温もかん酒も200円を入れてボタンを押せばサーブされます。気軽にお代わり出来て杯が進んで困ったもんです。

f:id:KABATARO:20170422102000j:plainf:id:KABATARO:20170422102101j:plain

肴の値段は大体こんな感じです。まずはウーロン杯とマグロ刺身。ウーロン杯は濃いので有名らしくマグロもすぐに売り切れると常連さんに教えて貰いました。やはりここのマグロは旨い、コスパも最高。

f:id:KABATARO:20170422102625j:plainf:id:KABATARO:20170422102753j:plain

定番のしめ鯖とゲソわさ。ここらでエンジンが掛かってきまして日本酒になり、めごち天と旬のホタルイカ。やはり魚介料理と日本酒は絵になります。呑兵衛としては至福の組み合わせ。

桜木町は来る機会がなかなか無いのでタイミングが合わないと来れませんが、近くまで来たら必ず寄り道して、魚介で一杯やりたくなるお店です。

 

retty.me

 

春の味覚、筍が届きました

f:id:KABATARO:20170418231224j:plain

今年も実家から筍が送られて来ました。私の生まれ育った実家は大阪府京都府の境にある山崎と言う場所で最近ではウィスキーのサントリー「山崎」を製造している山崎蒸留所がある事で少しは名が知れた地域になってきました。

サントリーのテレビCMを観ているとものすごい山の中のイメージがありますがそこまで山奥ではありません。ただ、あの辺りは近隣の地域に比べて自然は昔から豊かな地域ではありました。お隣の街、高槻市から電車に乗っていると明らかに車窓が変わって街中の雰囲気からやがて自然の風景へと変わります。一駅二駅で雰囲気がガラリと変わる、何となく子供の頃からそんな雰囲気が好きでした。

山崎蒸留所がある位なんで水は美味しくて有名、そしてもう一つ有名だったのが竹林、すなわち筍です。この時期になると竹林農家にお願いをしていた取れたて筍が毎年実家から筍が届くのです。収穫したら配送になるので毎年届く時期は微妙に異なります。

今年は不作だったようで例年よりも少し遅かったようですが筍はなかなか立派です。筍の刺身、筍ごはん、筍の煮物等々、春の味覚を満喫したいと思います。贅沢です。

 

そろそろ夏のキャンプのプランニングを

f:id:KABATARO:20170414005003j:plain

BE-PAL5月号を購入。

キャンプ場特集です。我が家の今年のキャンプ初めはGWに行く渚園オートキャンプ場になりそうです。それ以降はまだ未定。我が家の装備では行けても10月一杯位まででしょうか。

5月からスタートして10月迄で何回行けるか?予め行きたいキャンプ場を選んで企画もするし友人ファミリーからのお誘いもあるから6,7回でしょうか?6月は梅雨もあるし…。

こう考えればキャンプに行ける回数ってそんなに多くないんですよね。行きたいキャンプ場をピックアップしてプランニングしないと、人気のあるキャンプ場は予約ですぐに一杯になりますからね。

nagisaen.birukan.jp

 

 

 

 

永楽 そば店(東京都品川区東大井)

今週は季節柄、飲み会の多い週でした。

長年の友人がサラリーマンを辞めてこの春から奥様の実家を継ぐために金沢で漆器職人を目指します。まぁ、人生イロイロです。その壮行会を大井町でやった流れで『永楽そば店』で餃子とビール。

春は出会いと別れの季節だと言いますが、今年は自分にとっては別れの方が多い気がします。

f:id:KABATARO:20170408095140j:plain

f:id:KABATARO:20170408095208j:plain

https://tabelog.com/tokyo/A1315/A131501/13001868/

 

『こすぎ桜まつり』でお花見に行ってきた

東京は桜の開花宣言が出ましたが花見に繰り出すには少し早い、満開は今週中ごろでしょうか。

そんな中ですが先週末は近所で開催されている『こすぎ桜まつり』に行きました。場所は武蔵小杉近くにある川崎市総合自治会館・広場及び二ケ領用水沿いの桜並木周辺。

毎年来てますがこの祭りの好きな所は「法制通り商店街」や「ブレーメン通り商店街」と言った武蔵小杉近辺の商店街にある飲食店が屋台を出す事。そこで買える屋台飯のクオリティーが高く、新しいお店も登場するので年々パワーアップしてます。お酒ももちろん売ってますので、屋台飯をつまみに飲みながら桜を散策できます。

f:id:KABATARO:20170403233857j:plain

f:id:KABATARO:20170403234004j:plain

樽酒が一杯200円。桜には日本酒が似合い何杯も行けそうです。

f:id:KABATARO:20170403234210j:plain

一番咲いていると思われた桜の木。日当たりで随分と咲く早さが違うようです。

f:id:KABATARO:20170403234454j:plain

今週末も友人ファミリーと花見を計画しています。散り始めか、早ければ葉桜見物になるかもしれませんが、花より団子。良しとしましょう。

musashikosugi.info